HOME >> 光触媒って何?  

光触媒をご存じですか?

光触媒反応(photocatalytic reaction)は、
光触媒と呼ばれる物質が電子励起することによって起こる酸化還元反応です。
光のエネルギーを使って酸化還元反応を起こすのです。
一般的には、酸化チタンなどの半導体を利用するものを
光触媒反応と呼んでいます。


光触媒反応 …これまでの定説






光触媒反応とは、酸化チタンを媒体として紫外線照射により
惹起される遊離電子価の起こす酸化還元反応を指します。
理論上、酸化チタン表面上に限られた二次元の反応とされています。

  • 作動時間:10−6秒(超短時間)
  • 有効範囲:40nm(限られた空間のみ作用)



  …ゆえに、極めて安全な化学反応と考えられています。


光触媒反応水は、
検出不能とされてきたヒドロキシラジカルをはじめ、
酸素ラジカルや一重項酸素といった活性酸素種の水中での活性を長時間保持し、
作動させる事が可能です。





HOME >> 光触媒って何? ↑ Page Top戻る